たくさんの未来が眠っているクラウドファンディング

当サイトは、「応援する人」と「応援される人」が一緒になって夢を叶える事のできる、クラウドファンディング比較サイトです。起業をしたいがお金がないので会社の未来に投資をしてほしいなどと感じている人は少なくありません。投資家や同じ心持ちの人と繋がる事の出来るクラウドファンディングは、夢を夢で終わらせない、可能性を大きく広げてくれる存在となっています。

起業を目指す事を決めたら、それに至ったきっかけやビジョン、起業を通してどのような幸せを届けたいのかなど、気持ちをしっかりと伝えて応援してくれる人を募ります。比較サイトでは、色々なクラウドファンディングの案件を扱っておりますが、その中にはもしかしたらあなたが背中を押してあげたいと思うものがあるかもしれません。

未来を想像する事は、誰でもワクワクします。そんな未来が実現する可能性に投資をするという行動を起こすのもまたワクワクさせてくれるのではないかと感じます。是非、どんな夢が眠っているのか目を通していただけると嬉しいです。

A-port

総合評価 ★★★★★
サービス性 ★★★★★
利便性 ★★★★★
掲載量 ★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちら

お金が必要な時には金融機関の借入等が必要でしたが、新しい仕組みとしてクラウドファンディングが注目されています。いくつかのタイプがありますが、A-portが提供しているのは購入型と寄付型で、資金集めや支援が可能です。

クラウドファンディングでは一般からお金を集めて色々なプロジェクトを行えますが、運営業者が分かりにくいと集める側も支援者側も心配になるでしょう。しかし、大手新聞会社が運営しているので、誰でも安心して利用できます。

ボランティアやビジネス、そして副業を行うときなどに資金が必要になるかも知れません。A-portにおいてはいろいろなカテゴリからプロジェクトを探して支援ができます。逆にいろいろな分野からプロジェクトを始めたりもできます。

PocketFunding

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★★★
利便性 ★★★
掲載量 ★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちら

PocketFundingは沖縄発のクラウドファンディングサービスです。たくさんの女性も参加しているなど様々な人が参加しやすい仕組みとなっています。利便性が高いので快適に利用することが出来ます。女性の参加者が増えています。

クラウドファンディングを利用するということであれば、どのような仕組みを活用するのかがとても大切なポイントになっています。女性でも利用しやすいことから、女性経営者で資金を集めたいという人も参加しています。新しいサービスなので今までにはない魅力があります。

投資家として利用する場合も厳選された企業に投資をすることが出来るということから、とても魅力があります。返済実績一覧をもとに投資を進めていくことが出来るので、返済実績一覧はきちんと確認しておくことが大事です。

新登場アジア市場の中心沖縄クラウドファンディング【PocketFunding】

Crowd Bank

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★★★
利便性 ★★★★
掲載量 ★★★
満足度 ★★★★
公式サイトはこちら

Crowd Bankは日本クラウド証券が取り扱っています。一般個人で少額からでも、大人数の資金を集約することで、個人で少額からでも投資案件への参加が可能になっています。そのため、より多くの人が参加することができる仕組みが整っています。

「融資型クラウドファンディング」という、小額から投資できる仕組みがあります。インターネットを利用した新しい個人資産の活用方法で、海外では既に多数の活用実績が上がっています。一般個人でしかも初心者でも資産を預けて運用できる方法として利用者が多数存在します。

確定申告で利用可能な「期間損益報告書」の作成方法について詳しく記載されています。それを参照して、期間損益報告書を作成すると、分配金等の額が記載されているため、わかりやすく作業を進めることができます。

新しい投資のカタチ クラウドバンク

クラウドクレジット

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★
利便性 ★★★★
掲載量 ★★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトはこちら

世界中の資金援助が必要な事業者と投資家を結びつけるための最適なクラウドファンディングです。国内における余剰資金を世界の必要とする事業者に提供することで、効率的に資金を融資することができるのです。

クラウドクレジットを通じて社会貢献をすることを目指します。投資がよりよい社会の発展に貢献できる可能性を秘めており、融資を必要とする事業者に適切な投資が行き渡るように手助けをする働きをしているのであります。

扱っている投資できる貸付には様々な種類があります。個人向けローンから、農業事業者向けローン、そして途上国での需要が高いマイクロファイナンス機関向けローンなどがあります。

ソーシャルレンディング

FUNDINNO

総合評価 ★★★★
サービス性 ★★★
利便性 ★★★
掲載量 ★★★★
満足度 ★★★★
公式サイトはこちら

株式会社クラウドキャピタルが運営するウェブサイトFUNDINNO(ファンディーノ)は、運営会社に、元ソニー代表取締役、出井伸之氏を顧問に持つことで有名な、クラウドファンディング系のウェブプラットフォームです。今現在、ベンチャー企業などが資金調達として注目するクラウドファンディング事業ですが、中でも、先端の企業が運営するウェブサイトと言えるでしょう。

日本初の株式投資型クラウドファンディングと言う、非上場株式の発行により、インターネットを通じて、多くの方々から少額ずつ資金を集めると言うスタイルが特徴になります。これは、1社あたりの年間募集金額の上限を1憶円未満、投資家の1社に対する、年間投資上限金額を50万円として、株式発行による資金調達が出来るようにした、新しい仕組みです。

また、プロフェッショナルな投資家が投資をしています。資金を調達した企業への、きめ細かいフォローもしっかりと確立しており、相談事もそうですが、人材や技術者などを企業に紹介するという、個別フォローも充実しています。そして、個人投資家保護の観点からも、応募企業に対しては、厳正な審査を設けて対応しています。

【FUNDINNO】株式投資型クラウドファンディング

GREEN FUNDING

総合評価 ★★★
サービス性 ★★★
利便性 ★★★★★
掲載量 ★★★★★
満足度 ★★★★★
公式サイトはこちら

資金調達にとどまらないマーケティング支援を行っており、エンタメ系をはじめガジェット・フード・スポーツ・社会貢献など多数のプロジェクトをサポートしています。GREEN FOUNDINGは掲載数ではなくプロジェクトの成功率を重視しているため、他社に比べて高い成功率を誇っています。

4年連続で平均支援総額が伸びており、2017年には平均支援総額347万円を記録しています。ちなみに他社においての平均支援総額は200万円程度です。またホームページにて希望者に対して、クラウドファンディングの始め方についても詳しく説明しています。

GREEN FUNDINGではトークイベントや写真展示会、ガジェット体験、試飲会、握手会などのイベント開催を積極的にサポートしてくれます。また他にもインタビュー記事やイベントレポート作成などのメディア掲載、書籍やCD・DVDなどの販売サポートについてもバックアップしてくれます。

クラウドファンディングのシステムを有効活用しましょう

うまい具合にクラウドファンディングのシステムを有効活用することによって、目的を叶えるきっかけを作ることができます。クラウドファンディングのシステムは、すなわち、いろいろな人たちからお金を集めるシステムのことであり、自分自身ではお金を作ることができなかったときに重宝するんでしょう。インターネット上で様々な人たちからお金を集められるようになるので、まずはクラウドファンディングのシステムを採用しているページにジャンプし、登録をするところから始めるのが基本です。こちらの提案をいろいろな人たちに理解してもらうことが重要となります。そして、こちらのためにお金を出してくれた人たちに対して、どのような恩恵を返すことができるのか、そこを明確にしておく必要があるでしょう。

例えば、どのような恩恵も得られないようなものに、お金を払うのはナンセンスです。世の中にそのような物好きな人はほとんどいないと言えるでしょう。だからこそ、しっかりとお金を出してくれた人には、間違いのないサービスなどを提供することが重要となります。物理的に物で返すといったやり方もありますし、エンターテイメントでお詫びをするといったやり方もあります。どのようなやり方でお返しをするのかが、クラウドファンディングでお金を集める上では非常に大きなポイントになってくるので、しっかりと考えておいた方が良いでしょう。また、どのくらいのお金を必要とするのかも大きなポイントになってきます。当然ながら、大きなお金を集めようとすれば、それだけ時間もかかりますし、お金を集めるときの難易度も高くなるはずです。

あまり贅沢をしすぎず、特定の金額を集めるときは、自分で出すことができる金額を差し引いて、そこそこの値段に設定しておくと良いでしょう。また、クラウドファンディングは、特定の金額までお金を集めることができなくても、そこで終了することができます。そうなってしまった場合、お金を途中まで出してくれた人たちに、どのようなやり方でお返しをするべきなのかも考えることが大切です。目標金額に到達しなかった場合でも、クラウドファンディングでは返済する必要がないので、ここが難しい部分だと言えるでしょう。お金をせっかく出してくれた人たちが、このままでは納得してくれないので、納得できるようなお返しに関してしっかりと用意しておいた方が無難だといえます。なので、お金を集める側としては、どのような事態になっても臨機応変に動けるように計画を立て、その上でお金を集めることが肝心です。